猫の引き取りについて

犬も猫も癒しの存在ですが、

たくさんの犬猫が飼えなくなったと愛護センターに

持ち込まれているのが現状です。

身勝手な理由は許せませんが、やむおえない場合もあります。

一人暮らしの飼い主が、高齢もしくは長引く病気で、入院したり施設に入らないといけない

状況になって、あたふたとしてしまうとか、

飼い主が亡くなって、発見されたときに、一緒にいたなんていう

ケースも実際に今までにありました。

なんとなく「自分は大丈夫」とか、「犬猫のいない生活はいや」という理由で

高齢でもペットを飼うのは、どうなんでしょうか?

ただ、高齢者にとって、ペットと暮らす功能もあり、

いざという時のことさえなんとかなれば、

例えば、身内に引き取ってくれる人がいるとか、引き取ってもらって安心な託せるところが

あれば、今後の超高齢化が進む社会で、保護犬、猫たちの里親さん(家族)

を見つけやすくなるかなと思っています。

つづく。。。。

関連記事

  1. ミューくん里親募集 白黒ソックス猫 甘えん坊の男の子

  2. クーちゃんとミューくんの引き取り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP